父の車




 我慢ができないらしい父。
二日開くと、どっか食べに行きたいという。

 こないだ、またも父が運転するので、ついてこいと母と自分を乗せる。
 
 もともと体が小学生なみの小ささで、病気でさらに縮んだと本人が言う。
左側が見えてない様子。
道を曲がりきれず、左の歩道へ”ガンッ!”・と乗り上げてしまう。

 スーパーの駐車場へ入るのに左から誘導されても、ゲートを行き過ぎる。
止められて、バックしようとするが車道に下がるので、後続の車にぶつかりかける。
それを「ちゃんと誘導せいや!」と激昂して、自分が悪いとは露ほども思わない。

 上の道を走っても、センターに寄っていくので、ラインの上に並んでるポールに右がぶつかりそう・

 帰ってみたら、乗り上げたときに左ドアの下がざっくりと数十センチへこんでる・・
自分の車で済んでるが、他人にぶつかったらと思うと・・
お前が車に乗らんからや!と責任転嫁されるに決まってる。

 やめてほしいと言っても聞かない。
とにかく人に意見されても聞かない、怒りだす・・


事例解説高齢者の交通事故―因果関係・素因減額・逸失利益等/新日本法規出版

¥4,725
Amazon.co.jp






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック